【07】ブクマ

ブックマークしたサイトです。

カキザワホームズの制震システムGVA

カキザワホームズは地震に強いTIP構法で住宅作りをしていますが、制震GVAをプラスすることで更に地震に強い住宅が実現します。

制震GVAとは、地震の破壊エネルギーの半分以上を熱エネルギーに変換して放出する最先端技術の制震システムです。建物の変形を防ぐことができるだけでなく、大事な家具の転倒も最小限に食いとどめることが可能です。

また連続する地震にも威力を発揮し、大地震後も簡単な補修程度で住むことができます。それは阪神・淡路大震災震度7クラスの巨大地震を想定して作られたシステムだからです。

では実際にGVAをプラスすることで、通常の耐震構造と比べてどれだけの違いがあるのでしょうか。

震度5クラスでは耐震構造でも小さな揺れに抑えられますので被害はありません。ところが震度6クラス以上のになると耐震構造だけでは揺れが目立ちますが、GVAは揺れを7割近く吸収します。

震度7クラスになると耐震構造だけでは家具の転倒の危険が出てきますが、GVAをプラスすることで被害を最小限に食いとどめることが可能です。

通常の耐震構造は、地震のエネルギーを建物の力で耐えようとするので、建物の受ける衝撃は大きくなります。そのため余震が続けばその都度破壊が進行していきます。大地震後は大規模なメンテナンスが必要になります。

ところが制震GVAシステムを用いた住宅は、エネルギー吸収システムが地震のエネルギーを吸収するので建物に対する被害を最小限に食いとどめるのです。しかもローコストですみます。

日本は地震列島とも言われています。巨大地震を目の当たりにすると、住宅建築時には地震に威力を発揮するしっかりした住宅を考える必要があります。

GVAの優れた制震システムをプラスすることで、安心を手に入れることが可能です。

制震構造住宅なら相模原のカキザワホームズ