仕事の時間帯がランダムになり、身体が辛いので転職しました。

転職する前の状況についての説明をします。

私の性別は男性で、20年代でした。
仕事の内容は、ビルクリーニング・清掃業務です。

雇用形態は、正社員で、勤続年数は、7年でした。
税込年収は300万円くらいで、手取の月給は23万くらいでした。

仕事時間は、夜勤がメーンでしたが、人手が足りない場合は、昼間も出勤することがありました。
人間関係は、良好でした。

会社経営状態は、有限から株式会社にかわり、忙しい状況が続いていました。

転職しようと思ったきっかけや、理由は、会社もだんだん大きくなりつつあり、仕事もありふれるほどありましたが、それらの仕事をさばいていける人手が少なく、アルバイトなどをどんどん育成していく立場になっていきました。

役職も係長になり、仕事をこなす量も増えていきました。

自分が担当している清掃場所があるのですが、昼間にあったり、夜にあったりで、だんだんと不規則な生活をするようになり、このままでは、身体への負担が大き過ぎるので、社長に相談しましたが、人手が足りないということで勤務体制が改善されることが無かったので、辞める決意をしました。

転職しようとした時にまずやったことは、次の会社に入るまでの間の生活費をためておくことと、会社に雇用保険の手続きをしてもらうことです。

転職活動は、次の会社にはいる2か月くらい前にはじめました。はじめは、知り合いを頼りにとりあえず働けそうなところを見つけ、会社を退職後に、岐阜市の職安にいって、週に2日くらい通いました。

自己退職の場合は、雇用保険から貰える手当ては、3か月後からなので、早めに見つけようとしました。

何件か自分に出来そうなところを見つけ、その中でひとつに絞り、その会社に職安から、連絡を取ってもらい、即日面接を受け、2、3日で採用されました。

転職後の仕事は、製造業で工場勤務、昼間のみの勤務で、残業はありますが、サービス残業はありません。
社会保険等も充実しています。

月給で八万くらいあがり、年収が100万円あがり、400万円になりました。

これから転職をしようとしてる方に、転職先が違う業務になる場合は、年齢は、20代迄なら、採用されやすいです。

同じような仕事なら、経験者を募集しているところに転職すると30代、40代でも採用されやすいです。

転職・就職の就活体験談