会社の経営状態が悪化したので、転職をしました

当時、私は20代の女性で、仕事は営業事務として営業マンのサポートや伝票の管理を任されていました

雇用形態は正社員で勤続年数は2年、税込年収は300万円、手取の月給は16万円、仕事時間は朝8時半から8時間勤務、人間関係は嫌な上司がいたので、良好とは言えませんでした。

会社経営状態は悪化する一方で大変心配でした。

私が転職を思い立ったのは、会社の業績が悪化したためです。

サービス残業が増え、ボーナスも削られてしまい、基本給すらも危うくなりました。
そこで転職するしかないと思い立ち、次の会社に入社する4か月前には、本格的に転職活動を始めておりました。

まず私がまず始めたことは、転職サイトへの登録や、求人サイトでの情報の収集でした。

私はとらばーゆを頻繁に使っていたのですが、事務職などの女性向け業種が多くて探すのに非常に便利でした。

20社くらい応募して、4社目の面接で決まりました。
面接官の人たちが、転職理由を答えると同情してくださったのが印象的でした。

就業しながらの転職活動だったため、面接時間の調整に苦労しました。

転職後の業務は、前職と同じ営業事務で営業マンのサポートを主に任され、税込年収は320万円、手取の月給は18万円、仕事時間は朝9時から8時間勤務、人間関係は良好です。

経営状態も良いので安心して働けます。

いい先輩社員に囲まれてスムーズに仕事が流れ、明るい雰囲気の中で楽しく仕事ができるようになりました。

ただ、以前も同じ事務仕事だったせいかワープロ力を期待されており、前職より仕事量が増えて残業になる日もあります。

転職をこれからされる方は、就業中でしたら時間も限られてくるので、転職サイトに希望条件を記入しておけば、手間暇をかけずに要望に合った仕事が見つけられます。
転職サイトをうまく利用して、モチベーションを保ち続けるのが効率的で一番いいと思います。

転職・就職の就活体験談