どうしてもいろいろと合わなかったことがあったので。

私が転職を決めようとしたとき、以前の会社では人間関係があまりにも悪くて指示もよくわからないことを言われ、指示に従っていても少し間違えると、数十分も無駄に叱責を受けるなど、パワハラじみたことが多々あり、人間関係がかなり悪かったです。

そこで、さすがに精神的にも追いつめられてしまってやめることになりました。

ほんのしばらくの間精神的に弱っていましたが、このままでは暮らしていけないこともあり、転職活動ではとりあえずハローワークや若者の就職支援をしてくれる施設に言って職を探すことにしました。

転職活動をしたのは、次の会社に入社する前の3か月くらい前から始めました。

5社くらい応募して5社目で転職が決まったのでありますが、入社した会社では、まだ若い方が取り仕切っている会社で、面接のときにも人当たりのいい感じの人がすごく丁寧に質問されていたのが印象的でした。

転職したところは警備会社で、ちょっと前の会社よりも給料が悪い面もありましたが、基本的に人当りのいい人が多く、前の職場に比べると人間関係がかなり良くなったと思います。
精神的な苦労もずいぶん減りました。

あまりに人間関係に疲れてしまうようなことがあったら、そこに下手にとどまろうとせず転職して自分に合った職場を探してみるものいいのではないでしょうか。

それくらい思い切ったことをこれから転職する人は、気持ちの中にもっていてもいいと思われます。

転職・就職の就活体験談