プライベートを充実させるための思い切った転職

私は高校を卒業してすぐ、大手自動車メーカーに事務員として入社しました。
雇用形態は契約社員で時給制・年2回のボーナスもありました。

定休日が週に1回あり、その他は基本土日以外であれば希望休が取れるシフト制で、勤務時間も基本は朝から夕方。決算や月締めのある月末等は残業が増えますが、もちろん時給が発生するきちんとした会社でした。

5年という長い期間勤めていたこともあり、上司からも可愛がっていただきメリハリのある和気藹々とした職場の雰囲気で居心地もすごくよく、遣り甲斐も感じていました。

勤め始めて5年経った頃、趣味でバンド活動を始め夢中になった私はどうしてもバンド関係上、土日休みの仕事が良くなり転職を考えるようになりました。

すぐに土日休みの税理士事務所の事務仕事を見つけ、応募すると同時に店長に退職したい旨を伝えました。

この税理士事務所1つに応募し、見事内定をいただきました。

面接では、やはり大手自動車メーカーをなぜ辞めるかと聞かれたのでバンド活動のことは言いませんでしたが、土日休みを希望しての転職という形で答えました。

転職して状況が良くなったことは、土日がきちんと休みなのでバンド活動を思いっきりすることができ、充実した毎日を過ごせました。

税理士事務所の仕事も得意分野の内容だったので、楽しく仕事もできています。

逆に転職して状況が悪くなったことは、従業員の人数が少ない事務所でなかなか気の合う人間がおらず人間関係があまりうまくいかなかったことです。

自動車メーカー勤務の時は上司や部下分け隔てなく仕事場でもプライベートでもいい関係が築けていたので、余計にそれを感じます。

仕事場の人間関係はすごく大切だと思っているので、改善されたら尚良いと思うのですが。

転職を考えてる方には、ゆっくり考えて行動して欲しいです。
実際入社してみなければわからないことが沢山あるとは思うので、何事も経験だとも思います。

私の場合はプライベートを優先した転職だったのですが、同じような理由で転職を考えている方は、今の会社のままで本当にやりたいことができないのか等じっくり考えてみてください。

転職・就職の就活体験談