私が酷い人間関係に嫌気がさして転職した経験

私は卒業してすぐに医療事務のお仕事に就きました。
でも採用された病院が本当に最悪なところで、いじめみたいな嫌がらせが蔓延していました。

昔のカルテを取りに毎回3階までダッシュでかけあがらないといけないのですが、なぜかこの担当みたいになっていて、嫌がらせのように日に何度も往復させらました。

裏で影口を言われているのも分かりましたし、体力も精神力も限界で転職を決めました。

事務室で事務長に掛け合ってそれを話すとすんなり辞められることになりました。

転職活動は、辞めると事務室で話した次の日には始めました。

入社する2か月前です。3社に応募して、2社目でなんとか決まりました。

面接では前の職場の辞めた理由を聞かれて、ストレートに話すと「大変だったね」と言ってくれました。
その言葉がありがたくてよく覚えています。

転職して嬉しかったのは人間関係がずっと良くなったことです。
本当にとんでもない職場だったんだなというのが転職してよく分かりました。
でも少しホッとしました。

悪くなったことは特にありません。
前の職場よりも仕事が楽になった上に人間関係がずっと良くなりました。給料にも満足です。この職場なら頑張っていけると思いました。

人間関係で転職を考えている方は、それもいいと思います。
職場が変わると周りの人も一新します。
すると私のように良い方向へ改善することもあります。

ただし、前の職場よりも悪い職場に就くこともないとは限らないので、それは覚悟しておいてください。
生活して行くために、転職活動は早めにすることをオススメします。

転職・就職の就活体験談