3度目の発症を機に、ついに転職を決意しました

新社会人となって就職したのは、某自動車会社の営業職。

女性では珍しい職種という事もありましたが、外勤務ではなく、内勤務(ショールーム担当)でしたので、営業といっても外回りなどは一切ありませんでした。

それでも、毎月ノルマを課せられ、ショールームに訪れた限りあるお客様に購入して戴くべく、思案を重ねる毎日。

正直、大変ではありましたが、やりがいも感じられ、充実していました。お給料も、同世代の事務職の女性が貰う、はるかに高い金額を戴いていました。

勿論、定時に帰れる事はなく、残業も多かったですが、それも苦に思っていませんでした。

ですが、入社して1年を過ぎたある日、突然、酷い眩暈がしてその場に倒れてしまいました。その3ヶ月後、全く同じ症状が現れたので、病院で検査をして貰う事になり、自律神経失調症と診断されました。

おそらく仕事のストレスが原因でしょうと言われたものの、人間関係も良好で仕事も楽しいと感じていた私は、仕事を続けていました。

が、やはり3ヶ月後にまた発症してしまい、ついに私は仕事を辞めることになりました。

次に選んだ職場は、営業よりストレスの少ない事務職でした。

面接の段階で「もうすぐ観楓会があるので、楽しみにしていてください」と言われたので、採用されるのは間違いないのだな、と確信出来ました。

そこでは2年程働いたのですが、自律神経失調症の症状は全く出ませんでした。

夢を持って働くのは素晴らしい事だと思います。でも、何よりも大事なのは自分の体調です。

私はお医者様に言われました。「自分に過度のストレスが掛かっていると思ってない人のほうが、実は危険なのですよ」と。

なので、自分の体調や精神状態をしっかり向き合う事が大事だと、声を大にして言いたいです。

転職・就職の就活体験談