過酷で辛い職場から自分の好きな仕事への転職

私の転職前の仕事は、高額な学習教材を販売している会社で、その商品を、対象の家庭を訪問して販売する営業職でした。

新卒で、同期は私と同じ22、3歳の女の子がほとんどでした。
正社員として入社しましたが私は6カ月で退社し、その頃には同期は退職していてほとんどいなくなっていました。

インセンティブを含めて、月に手取りで22万円位、続けていれば税込で年収300万円弱だったと思います。

朝は普通のOLよりはゆっくりめでしたが、帰宅は21時を過ぎる毎日、土日も出勤を推奨されていたのでハードでした。

会社はだんだんと訪問販売に対する条例などに押されて段々と支社が減っていました。

基本的に毎日1人で営業に回っているので人間関係の悩みはほとんどなかったように思います。

私が転職しようと思ったきっかけは、入社して半年たち、私が心身共に疲れ切ってきて以前よりノルマを達成できなくなってきた頃、関東から他の地域へと異動を言い渡されたからでした。

他の同期も、辞める子、飛ばされる子が相次ぎもうほとんどが残っていませんでした。

営業成績が上がらなくなってくると、すぐに転勤させるというのがその会社でよく行われていた手段のようでした。

異動を言われて研修のやり直しの合宿のようなものに行くことになり、初日に挨拶に行ってその様子を見て、ぷちんと何かの糸が切れてもうこの会社から足を洗おうと決めました。

退職して数ヶ月は休養期間にしました。かなり無理をしていたようで辞めた途端体調を崩したからです。

そしてアルバイトをしながら途中まで取りかかっていた保育士の資格をしっかりととり、退職してから半年後に転職しました。

転職活動は、「モードプランニングジャパン」という保育士を扱う派遣会社にて行いました。

登録に行って、初めて見学した保育園ですぐその場で入職をお願いされ、次の日には返事をして入職を決めたので転職活動は1週間もないくらいで終わりました。

そしてすぐに勤務することになり、とても良い職場だったので、本当に良かったと思います。

転職後は、月収手取りで18万円程、年収は約250万円、残業は一切なく、人間関係も良好で、仕事は毎日楽しくて、初めはこれでお給料をもらえるなんて幸せだと感じた程でした。経営者や経営状態もかなり良好でした。

派遣会社の人が見学時についてきてくれたり、いろいろと世話をしてくれたりして入職後も度々様子を見に来てくれたのでとても安心して転職できました。

転職してからは、毎日定時で上がれて精神的なストレスもあまりなかったので、プライベートを充実させることができるようになりました。
それは本当によかったと思います。

仕事を一生懸命がんばれて、合唱や琴、お茶、バレエ、テニスなど皆それぞれ習い事などにも力を入れていて、幸せだと思います。

産前産後も職場全体でサポートしてくれるので、皆復帰していますし、本当に良い職場に巡りあえました。

過酷で辛い職場から自分の好きな仕事への転職 はコメントを受け付けていません。