自分のやりたいことを叶える為なら前向きに転職を

私は新卒で日本の企業に入社しました。
大手企業の子会社で給料は良く、新卒も大量に取るので同じ課に同期もたくさんいました。
経理部に配属になり5年間実務経験を積みましたが、どうしても英語を使う仕事がしたかったので転職に踏みきりました。
外資系に入りたいという希望が強かったので、まずジャパンタイムズを買って外資系でどれくらいの求人があるのかをチェックすることから始めました。
転職活動を始めた時期は、次の会社に入社する三ヶ月は前でした。
応募をしたのは三社、面接まで行けたのが二社、三社目でやっと決まりました。
面接で印象的だったのは、「実務経験のある人で英文タイプが早ければ言うことはありません」と手ごたえがあったことです。
会社の求める人材と私のPRポイントが見事マッチしていたらしく、自分でも「これはイケる」と直感しました。
転職をして憧れの外資系に勤め、英語を話せて場所も丸の内のオシャレなホテルのビル内、OLライフ満喫でした。
しかしその後経理部員が次々と辞めていき、残された経理事務・副社長秘書・PC書類作成担当・OAシステムのメンテナンス全てを任され、スキルはアップしたものの全て独力でなんとかしなければならず大変な思いをしました。
これから転職を考えている人へ、転職は相性とタイミングです。
決まらない時は何カ月も決まらない、でもピン!ときたらトントン拍子に行きます。
自分の目標を持っていれば必ずご縁のある会社に巡り合えます、まずは自分作りに励みましょう。

コメントは受け付けていません。